トイレが詰まったという水のトラブル

水のトラブルの中で一番多い場所はキッチンですが、その次に多いのはトイレです。その中でもトイレが詰まったというトラブルは、とても深刻な問題です。トイレが詰まれば当然使うことはできなくなり、それは生活全体に影響を及ぼすことになります。トイレが詰まったといっても色々な原因が考えられ、その原因には自分で修理できる場合もあります。トイレのトラブルは水のトラブルでもありますので、給水装置、排水装置どちらのトラブルもそれほど深刻でなければ、修理することで直ることもああります。ですから詰まったからと言ってすぐに交換を考えるのではなく、まずは原因を探りそれから対処します。

■トイレが詰まる原因と現象

トイレになにかの固形物を流すと、詰まる原因になります。たとえそれがティッシュペーパーのような紙であっても、水に溶けないものは、中に留まって水の流れを止めてしまうことになります。また、長期間の使用により排水管に水垢が溜まり、そこに汚物が留まって流れなくなり、詰まってしまうということもあります。また、これらはその詰まり具合によって、外に出てくる現象も違ってきます。まず、水の流れがスムーズではない場合は、まだそれほど深刻にはなっていない状態です。この程度でしたら自分で直すことも可能でしょう。次に水を流したら便器内のもとの水位より高い位置まで水が上がってくる場合です。この場合は排水管内に異物が詰まっていることが考えられます。これは前述のような軽いものではなく、完全に詰まっているわけではないが、かなり危険な状態となります。放っておくと、いずれは水が溢れ出てくることにもなりかねません。
トイレが詰まる原因のひとつとして意外なものもあります。それは日常使用しているトイレットペーパーです。トイレットペーパー自体は溶けて流れるはずなのですが、しかし、これを一度にしかも大量に流すと、溶ける前に詰まりを起こしてしまうのです。しかも便器自体が古い場合は水垢やその他の異物で排水管が狭くなっていることもあり、余計に詰まる可能性は高まってしまいます。たとえトイレットペーパーといえども一度に大量は流さないように気を付けましょう。

■トイレの詰まりを直す方法

トイレの詰まりを直すといっても、素人に出来ることは限られています。まず一番簡単な方法は、バケツの水を上から便器に流す方法です。しかし、これは症状が比較的軽い場合の方法です。多少詰まっている程度ならこの方法で直ることもあります。次にぬるま湯を入れるという方法もあります。これはぬるま湯で詰まっているトイレットペーパーや汚物を柔らかくして流すという手順です。ただし、熱湯は避けましょう。逆に排水管や便器を傷めることになります。それでもダメな場合は、少し放置してまた同じようにぬるま湯を上から入れるということを繰り返します。
洗浄剤や重曹を使うという方法もあります。一番効果的なのは、ラバーカップを使う方法です。これの使い方は、まず最初に周囲が汚れないようにビニールシートや新聞紙などで覆います。それから排水口に隙間ができないようにラバーカップを押し当て、ゆっくりと押していきます。そして、急激に引き抜きます。ラバーカップの使用法は誤解があり、押すことで汚物を押し出してやるように思われていることが多いのですが、実はそうではなく、引くことで汚物を引き出さなければならないのです。押し出すと汚物はなおさら奥へと進み、場合によってはより深刻なことになる可能性があります。あくまでも引いて汚物を引き上げるつもりで使用しましょう。汚物が出てきたら、それを取り出せば完了です。

■まとめ
トイレの詰まりは簡単なものならラバーカップを使用した方法で直すことができます。しかし、これらの方法をやってみても直らないようならば、素人に直すことは難しいでしょう。諦めて専門業者に任せる方が賢明です。その上で、修理で済むのか、あるいはそれ以上に状態が悪い場合はトイレの交換を考えなくてはならなくなります。
はっきりと言えることは、トイレは詰まってからでは遅いのです。一番大切なことは日頃から異物を流さないようにすることです。また、定期的に市販の薬剤などを使って排水パイプの掃除をすることも効果的です。そして、水の流れが悪くなったり、水位が上がったりするなどの現象を発見したら、上記の方法を試してみましょう

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ