水が止まらないという水のトラブルの原因と対策

蛇口の水やトイレの水が止まらない現象のひとつとしてよくあるのが、いつまでもポタポタと落ち続けるというものです。この現象は、ある程度居住年数の経った家でよく起こることです。水のトラブルが発生した際には、原因究明のためにもそれぞれどのような仕組みで水が供給されているのか構造を知っておきましょう。水道の蛇口や、トイレのタンク内には様々な器具があり、大抵はその器具の不具合から生じていることが多いです。

■蛇口の水が止まらない原因とは

蛇口の中にはハンドル以外にもその下にパッキンやスピンドル、コマといった細かい部品が入っています。簡単に言うとハンドルを回すことでスピンドルが上昇し、コマが下からの水圧で押し上げられて、そのコマの空いたスペースから水が出てくるという仕組みになっているのです。水が止まらないという原因は、このスピンドル部分の破損か劣化が考えられます。
また、ゴムパッキンの劣化が原因の場合もあります。これはハンドルタイプの混合水栓の場合に良く起きる現象です。ただし、シングルレバータイプの場合は、バルブカートリッジの劣化が原因のことが多く、これはカートリッジを交換することで修理ができます。
蛇口が空回りしてしまうという水のトラブルもよくあります。この原因もほとんどの場合が劣化によって引き起こされた故障です。蛇口は長年使い続けられることにより、内部の部品は傷んでいきます。その長年にわたる傷みや摩耗が原因で、最後には蛇口が空回りしてしまうという現象を引き起こすのです。これも蛇口の種類により修理方法が異なってきます。

■トイレの水が止まらない

トイレの水が止まらない場合は、まず最初にトイレ内にある止水栓を回して水を止めましょう。こうすればとりあえずそれ以上の被害は食い止められます。その上で原因を探ることになります。タンクの蓋を開けてみると、水を出すレバーには鎖が付いています。その鎖はゴムフロートに繋がり、そのゴムフロートが鎖で引っ張られることにより浮き上がって、タンク内の水が便器へと流れ出る仕組みになっています。つまり、何かの原因で鎖が絡まったりしてゴムフロートが上がりっぱなしになれば、タンク内の水はすべて便器内に流れ出ることになります。一方、給水管から出てくる水は止水栓を通ってタンク内へと流れてくることになりますが、この水の流れを制御しているのが、水の上に浮いている浮き球と呼ばれるものです。簡単に説明しますと、浮き球が上がれば水は止まり、浮き球が下がると水が供給される構造になっているのです。ということは、もしタンク内の水が便器へ流れ続ければ、浮き球は下がり続け、その結果水も流れ続けて止まらなくなるということになるのです。

■まとめ
水が止まらないという現象の多くは蛇口に起因していることが多く、その蛇口も多種多様にわたっており、自分で修理しようとしてもなかなか難しいことも多いのです。蛇口の構造をよく理解した上で器具を準備し、万全の態勢で始められるのなら、一度やってみるのも良いですが、万が一失敗すると大きな被害に発展することもあります。また、トイレの場合は鎖が絡まっている程度ならすぐに直りますが、もっと構造的な部分の破損やトラブルの場合は、素人判断で修理は難しいです。速やかに専門業者に修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ